リノベーション プランニング失敗しない為にする事


こんにちは。最近では古い自宅を安く購入し新築同様に

内装をリノベーションする人が増えてきています。

今回はせっかくリノベーションをしたのに想像していたのと全然違うなんて事を

防ぐ為にはリノベーションをお願いする業者さんとしっかりとした

プランニングをしなくてはいけません、

今回はリノベーションを失敗しないようにする為にやる事を紹介していきたいと思います。

プランニング

プランニングとはリノベーションをしていく前に

どのようにしていくかを業者とお客様でプランを決めていく事です。

ここで業者に上手く伝える事が出来るか出来ないかでリノベーションの成功と失敗の別れ道になります。

自分の住みたい家の理想を徹底に伝える事

やはりなんと言っても自分の理想を妥協なく伝える事が大切です。

現実的に不可能な事はいけませんが常識範囲であれば特に妥協する必要は

ないと思います。

どんな生活を送りたいか伝える

現在住んでいるリノベーション前のお家でこんな所が

不便なんだよなぁ〜とかをしっかりと伝えましょう。

ここをもっと高くとか、お風呂の蛇口の向きはこっちで

こんなタイプのやつ、みたいに情報を事細かに

業者に伝えましょう。

業者もあまり情報量が少ないとしっかりとしたプランニングが出来なくなってしまいます、

伝えかたが難しい場合や名前が分からない時は雑誌や写真でも良いので伝えましょう。

プランナーに自分の事を伝えましょう

プランナーの人に休日の過ごし方や

自宅にいる時は何をしているか伝えましょう。

趣味とかもプランナーに伝えると良いかもしれません

プランナーの人はそういった情報を元にその人の好みやライフスタイルの傾向を知るヒントになるのです。

そういった自分の事を知ってもらいプランナーの人に

自分の理想の家の図面を描いてもらうと良いと思います、

やはり相手の事を何も知らないと良い図面は描けず何回も

図面の描き直しをしなければいけません、

お互い時間の無駄を無くす為にもしっかり自分の事を伝えましょう。

素材をしっかり見る

しっかり伝えたら次は実物の素材を見ましょう、

よくあるのが写真で見たのと全然違うです。

やっぱり生で見なきゃ分かりません

写真だと撮影する明かりの環境とかで

色が変わってしまいます。

ちゃんと自分の目で確認する事で間違えを未然に防ぐ事が出来るので

しっかり素材を確認をしてからリノベーションをしてもらいましょう。

まとめ

リノベーションは決して安く出来る事ではありません、

リノベーションが終わってからあれここがなんか違うとかを無くす為には

しっかりと自分の意見や理想を伝える事が大事です、その後はちゃんと自分の目で素材を確認しましょう。

そうした行動でリノベーションの失敗を防ぐ事ができます、

また何かいい情報があれば紹介します。