マイ・ネーム偽りと復讐のタイトル由来って、1話ストーリー・キャスト・あらすじ【まとめ】

「マイ・ネーム:偽りと復讐」って、どんなストーリー?

ハン・ソヒ演じる主人公ユン・ジウは、犯罪者の娘であった。

ところがある日、父が目の前で何者かによって殺されてしまった。

ジウは父を殺した犯人を探すため、自らを犠牲にして犯罪組織に潜り込む。犯人はいったい誰なのか?復讐は成し遂げられるのか?本格アクション・ミステリー作品。

そんな話題の韓国ドラマ「マイネーム:偽りと復讐」が10月15日よりNetflixで配信スタート。ここでは本作のキャスト・あらすじを紹介する。

とりあえず1話ネタバレ

学校でいじめを受け、退学をすすめられてしまった主人公ジウ。

その原因は、3か月前に失踪してしまった犯罪組織の幹部である父ユン・ドンフンであった。同級生や教師の対応に嫌気がさしてしまったジウは、ひどい言葉をかけてきた生徒に反抗し、そのまま学校を飛び出した。父の証拠をつかもうと警察も張り込んでいたが、何とか逃げ切るのであった。

ジウの17歳の誕生日、玄関に花束とケーキがおかれていた。父からのものである。そんな父から電話が入る。

「友達とどうやって過ごしたか?」「プレゼントはどうだ?」ドンフンは嬉しそうに話すが、ジウは「なぜ自分はこのような待遇を受けなくてはいけないのか?」そんな感情を電話越しにぶつけてしまった。

「けりが付いたら戻る。」とドンフンがなだめる。「もう待てない、父は死んだことにする。」と返すジウ。その時、娘を思うドンフンはジウに会いに行くことを決意する。

「ジウ、パパだ。」

警察の張り込みをかわし、ジウのいる部屋まで何とかたどり着いたドンフンであった。チャイムを鳴らし、感動の親子の対面まであと少し。しかし、ドンフンは何者かが背後にいることに気付く。

チャイムに気付いたジウは扉を開けようとするが、扉が開かない。ドンフンが外からドアノブを握っていたからである。

「出てくるな、ジウ。」

「ごめんなジウ、辛い思いをさせてしまって」

「ジウはお父さんにとって

『命を懸けて娘を守る。』これが娘にできる最後の父親としての役目であった。

ドアを開けたジウに待っていたのは、父が何者かに殺されたという現実であった。

連日ドンフンを追いかけまわしていた警察は、捜査を打ち切った。さらに、「最後に電話をしていたのはお前だろう?」「電話で何か言ったから戻ってきたのではないか?」と責め立てる。ジウは自分のせいでお父さんは死んだのだと負い目を感じてしまう。

しかし、ジウは諦められなかった。父の葬儀で、父を「盟友」と呼んだ男、チェ・ムジンに会いに行く。

ジウ:「仲間だったのならば、父を殺した犯人を見つけてほしい。」

ムジン:「見つけたらどうする?
」ジウ:「この手で殺す。」

ムジン:「人を殺せるのか?」

ムジン:「やってみろ。」

ナイフを渡され、覚悟を試されるジウであったが、さすことはできなかった。

普通の女子高生であったのだから当然である。結局、ジウの復讐心はムジンには届かず、追い出されてしまうのであった。

ジウがチェ・ムジンを訪ねた夜、部屋で一人涙を流していると、怪しい黒フードの影がチャイムを鳴らす。「あの日父を殺した犯人である」と確信した。その男が立ち去るのを震えながら見るだけであったジウは、そんな自分と決別し、復讐することを再度決意する。

「犯人を探しています」と張り紙を作り、町で配り歩きながら情報提供を待つジウのもとに、

「こいつを知っている、金を持って指定した場所へ来い」

と連絡が入った。待ち合わせ場所に向かうジウ。しかし、そんなジウの前に現れたのは、情報など一切持たない金目当ての男たちであった。金を取り上げられ、暴行され、車に乗せられるジウ。

そんなジウのピンチを救ったのはムジンであった。「何をしでかすかわからない」そう感じたムジンは、友の娘であるジウを見捨ててはおけなかったのである。

これ以上危険な目に遭わせたくないムジンは、「死にたくないならおとなしくしていろ」と忠告するが、「自分のせいで父が死んだのに、おとなしくしていることなんてできない」と反抗するジウ。

ムジンは「どんな代償を払ってでも、犯人を見つけ出し、復讐する」というジウの決意を認め、自分が強くすることに決める。

組織員を養成する訓練所に連れてこられたジウ。強くなると意気込んでいたジウに待っていたのは雑用と女性ということへの差別的な周りの目であった。しかしあきらめないジウは、夜に一人でトレーニングするようになる。そこにムジンが現れた。

「『勝つ』のではなく、『殺す』だ。」

「力で勝てないなら、急所だけ狙え」

ムジンのアドバイスと父を殺した犯人への復讐心を強めることで、強くなっていくジウであった。

ある日訓練所内で開かれたバトルロワイヤル。優勝賞金と褒美が出ることにやる気を出す男たち。しかし、ムジンとの特訓の成果もあってか、一対一で屈強な男たちに勝ち続けるジウ。最終的に有力株のガンジェと戦うことになるのでした。

 

感想

もうとにかくメインの登場人物がかっこいいですね。

命がけで最愛の娘を守る父ドンフン、そんな父を殺した人物をどんな代償を払ってでも見つけ出し、復讐を決意するジウ。

何かのために自分を犠牲にできる。そんな親子の姿がとても印象的でした。

またジウの言葉が父を殺してしまった。そんな場面に制作者サイドの一つの大事なメッセージが込められているようにかんじました。しかしドンフンはあの日、何を娘に話そうとしたのでしょうか?もしドンフンが指名手配されるような犯罪を起こし、娘を思うような父親であれば、むしろ会いに行かない方が、娘のためになったのではないでしょうか。

それでも危険を冒してジウに会いに来たということは、何か話さなくてはいけないことがあったのではないかと考えられますね。今後の展開で解き明かされることを待ちます。

ストーリーの展開として、気になったのはムジンでした。ムジンは第二の親という立場に見えますが、彼は何を知っているのか?本当に父の仲間であったのか?

まだわからないことが多い人物のように感じました。しかし、女であるジウを犯罪から遠ざけようとする姿や、教えるときには女であろうと手を抜かないといった姿には、「漢」を感じ、ほれてしまいました。今後さらに見せ場があるといいなと思います。

キャスト

ここではマイ・ネーム偽りと復讐に出てくる主要人物及び俳優を紹介していきます♪

登場人物/ユン・ジウ

マイネーム:偽りと復讐
麻薬組織の一員となり、父親の死の真相を明かすため、オ・ヘジンと名を変えて警察の麻薬捜査隊に潜り込む。

演:ハン・ソヒ

今年、Netflixで配信された「わかっていても」(2021)で人気上昇中。韓国ケーブルドラマ史上歴代最高の視聴率をたたき出した「夫婦の世界」(2020)では、主人公の夫の浮気相手ダギョンを演じ、注目された。

チェ・ムジン

マイネーム:偽りと復讐
国内最大の麻薬組織トンチョン派のボスで、ジウの父親とは親友だった。ジウの復讐に力を貸す。

演:パク・ヒスン

映画出演作は『セブンデイズ』(2007)、『1987、ある闘いの真実』(2017)、『The Witch/魔女』(2018)、『ムルゲ 王朝の怪物』(2018)など。

チョン・ピルト

麻薬捜査官。ジウと共に働くことになる。

演:アン・ボヒョン

日本でも大ヒットしたドラマ「梨泰院クラス」(2020)で、主人公パク・セロイの宿敵である長家(チャンガ)グループの長男グンウォンを演じ、注目を浴びた。

今回は結構なイケメンキャラになっていてびっくりw(個人的に)「梨泰院クラス」の時のようなウザい系ではありません!

ラストはジウとあんな事やこんな事を・・・・w

そのほか

チャ・ギホ

演:キム・サンホ

麻薬捜査隊のチーム長。演じているキム・サンホは、ドラマ「Sweet Home -俺と世界の絶望-」(2020)で車いすの男を演じたほか、日本の映画『焼肉ドラゴン』(2018)にも出演している。

個人的には10年前に放送されていたシティーハンターinソウルの優しいおじちゃんでしたが意外とシリアスな役もいけるんだって感じです!

チョン・テジュ

演:イ・ハクジュ

麻薬組織の一員で、ムジンの下で働く。演じたイ・ハクジュは、ハン・ソヒも出演した「夫婦の世界」(2020)でDV男を演じた。

ユン・ドンフン

演:ユン・ギョンホ

ジウの父親。何者かに殺された。ユン・ギョンホは「梨泰院クラス」(2020)で、セロイの父親のひき逃げ事故を担当した刑事役を務めた。

ト・ガンジェ

 演:チャン・ユル

麻薬組織の一員だったが、ジウとの勝負に負け、逆恨みする。

かなりクレイジーボーイです、でもカリスマ性も結構あると思います!

バットマンで言えばジョーカー的な!今人的には結構好きなキャラです!

タイトルについて?

タイトルにはどんな意味があるのでしょうか?「マイネーム」には、今後ジウに別の名前ができ、どっちの自分が本当の自分なのか?という葛藤ができることが考えられます。

また復讐を終えた後、結婚し、姓が変わるという可能性もありますね。

「偽り」には、「誰が」という主語がキーになってきますね。個人的には、父ドンフンまたはムジンだと考えますが、今後の登場人物にも期待大ですね。ジウをこれ以上苦しめない「偽り」であってほしい。そう願うばかりです。

最後に

「真犯人」は誰なのか?ジウは最終的にどうなってしまうのか?ジウには幸せな人生を送ってほしい。そんな気持ちで今後のストーリーを追いかけていこうと思います。ムジンとの特訓を経て、強くなったジウの今後のアクションシーンにも注目ですね。